Hospital
このエントリーをはてなブックマークに追加

出産の高齢化

女性の社会進出とも関係があります

一昔前までは、今のように共働きが当たり前の社会ではありませんでした。女性は、若いうちに結婚して、妊娠出産を経験して、家庭を守るという人が多くでした。だから、外で働くストレスがないという部分では、いまよりも妊娠しやすい体が自然とできやすいのでした。 しかし、女性の社会進出の背景などもあり、今の女性は妊娠には不利となるストレスを抱える人が多くなっているため妊娠がしにくい原因になっているといえます。また、妊娠しやすい生活とは、掛け離れている生活を余儀なくされている人もいるのです。 妊娠しやすい体をめざすには、規則正しい生活をすることや、栄養バランスを考えた食事をとることや、適度な運動をすることなどです。 最近では、タバコを吸う女性も増えていますが、タバコは妊娠しやすい体作りにはむいていないためタバコも一つの原因といえるでしょう。

不妊治療をうけるひとも増えるでしょう

妊娠しやすい条件のひとつに、年齢もあげられます。女性の卵子にも老化現象は起こるのです。30代後半になると、卵子の老化現象は急速に進むといわれています。 最近では、外で働く女性も増え、婚期を逃す女性も増えてきています。ある程度、仕事のキャリアをつけてから、結婚、出産したいとなると、30代後半はあっというまになるものです。今後も、女性の社会進出は増えつづけていく方向なので、妊娠、出産をする年齢も遅くなる傾向があるでしょう。 そして、実際に子供が欲しくなったときに、不妊治療が必要になるケースもいまよりも増えていくでしょう。 なるべくそうならないように、教育現場でも早いうちから、卵子の老化などの情報を伝えていくことが必要になるでしょう。

葉酸の力

妊娠を望む女性の方は沢山います。そんな中、葉酸が妊娠を望んでいる方に人気を集めています。葉酸は胎児に必要な栄養素を含んでいます。また、葉酸はサプリメントがあるので摂取も手軽に行えます。

Read More

女性医師の進出

最近では、不妊治療を行なう方が増えて来ています。そのため、女性医師が増えてきています。女性ならではの目線で手術を行なうので細やかな治療が期待できます。また、コミュニケーションも同性であれば取りやすいです。

Read More

備え方

不妊の問題は女性だけではない男性の問題でもあるため、その原因をしっかり知っておく事で不妊の問題に対策をたてておきましょう。その不妊を解消するために行う事についてです。

Read More